Ramda的自転車備忘録

アラフォー&三児のお父さんライダーの走行記録と日記的なもの。

2018-04-18-Wed

ツールド八ヶ岳

【4/9~13】
月~木で朝ローラー30分。
負荷は特に入れず、無負荷でシャカシャカ。

仕事は相変わらずで、帰宅は23時くらい。
水曜に定時上がりできたのは救い。

金曜は朝早いので乗れず。

【4/14】
朝8時にお迎えが来て八ヶ岳へ移動。
土日と雨予報だったのでテンション低め。
もう一台の車と談合坂合流としていたが、ナビが上信越ルートを示していて
危うく東北道へ乗るところで回避。
運転手じゃないからといって油断は禁物。

無事に合流し、清里でカレーを食らう。
20180419231716029.jpg
食い過ぎた。


受付を済ませ、宿に1530着。
1600から試走開始。

雨が降るまで5キロほど登るが、全体的に斜度はきつめで7~10%オーバーが続く。
下りは横風に怯えながら下る。やっぱりエアロフレームは煽られる…

ポケモンして酒飲んで寝る。

【4/15】
夜中から雨だったのでDNSを覚悟しつつ。
0630起床で朝御飯。この時はDNSするつもりだったものの、
0730位に雨が止んだので急遽出ることに。
荷物預けは時間的に出来ないので、受付でもらったゴミ袋を下山装備として
ポケットへ入れる。あと補給食でよもぎまんじゅう。
会場まで10キロ弱あったものの、下り基調だったので特に消耗はなく到着。
レースは頂上の悪天候のため、全クラスハーフコース(15キロ)に短縮。

エントリーしたのはバイシクル21杯と言う重量級クラス。
エントリー時は基準体重75キロ位だったので、割ったらどうしようかと
思っていたが、そんな心配は関係なく体重3キロ増の自己最重量でレースを迎える。
とはいえ、登れる重量級が多いだろうなと予想。

スタートは0915位。スタート直後に登れる重量級は視界から消えていく。
周りにいるのは登れるのかどうか微妙な重量級と60代のクラス。
自分はと言うと、登るスピードは以前と変わらないものの、使う筋肉が
変わったのでたれにくくなった感じ。休むダンシングも効果を実感できた。
特に、7%以上の登りでのたれが少なくなったのは驚いた。

コースは前半は斜度きつめ,後半は緩め&平地がちょいちょいなんだけど、
3キロ地点くらいから雨が振りだして、心の中で下山の不安が大きくなっていく。
レース自体は1時間7分?位。初物&体重を考えればまぁまぁといったところか。

ゴール後10分くらい休んでからゴミ袋被って下山。ゴミ袋なかったら終わってたな。
手足の感覚が無くなる程度ですんだ。
温泉入って帰宅。ポケモンgoのメリープイベントは談合坂で挽回して何とか。
八ヶ岳は意外と近いので、来年も行こうかな。

おまけ
20180419231721dfb.jpg
参加賞が潔い。
スポンサーサイト
2018-04-09-Mon

朝ローラー始めました。

【4/2~4~6】
仕事は先週ほどでなかったものの、帰りが22~23時の日々。
もう少し早く帰れると良いのだが・・・

体重が全く減らないので、運動量を増やすために朝ローラーを始めました。
30分くらい低~中強度でケイデンスは100~110でたんたんと。
出勤が早かった木曜以外はできたので、出だしは上々。

【4/7】
朝飯前活動
家を出たはよいが、風が強すぎたので途中でポケモン練に変更。

20180409064332b3c.jpg
本日の成果!
レイドで出ていたので珍しさは薄れたものの、野生でわいてくるとテンション上がりますね。

肝心の自転車は、腰周りの筋肉が使えているものの、筋肉がたりないせいか
長持ちせず。

【4/8】
朝からバタバタ。
朝飯前活動は海沿いを一時間。
美浜大橋を2往復してから片足ペダリング。
片足ペダリングはケイデンス上げると上で抜けてきてしまう。
それを押さえようとすると腸腰筋が悲鳴をあげる(^_^;)
美浜大橋での垂れ具合が大分ましになった気がする。

帰宅後はミュウツーとTOEICと打ち合わせ的なもの。
ミュウツーはゲットできたものの個体値低めSAYONARAだな。
お昼はいきなりステーキでヒレ300g。肉だけで300gはペロリと行けちゃうけど、
腹持ちしないのがキツイ。しかもお値段が…取り敢えず次回はないかな。
TOEICはリスニングで眠くなる。眠くなると立て直しは無理。
結果は期待できないな。

全部が終わったのが1830。週末が終わる。。。



2018-04-06-Fri

3/26~4/2

【3/25~30】
ジテツウ無し。
仕事がおかしな状態になっていたので水曜も残業。
帰りは普通に午前様。
電車がないので乗り換えの駅まで夜桜を見ながらウォーキングする。

【4/1】
日の出が早くなったので朝飯前活動
朝飯前活動のルールとして
・朝飯前に帰ってくる
・出来るだけ早く家を出る
昨シーズンもやってたけど、事故ったので封印してました(^_^;)
という訳で、今シーズンは初。

6:00起床で6:30主発。オルトレでうぐいすラインの二段坂まで。
店長のアドバイスをもとに、おおきい筋肉を使いつつアンクリングしないペダリング
を心がける。ペースは5~6割りで気持ちよく走れるくらいで。
特に書くことはないけど、これまでにないレベルでおしりの筋肉が使えてるし、
股関節回りの筋肉に負荷が来てる。

【4/2】
8:00起きで午前中自転車。おしり周りの筋肉が重い。
テーマは昨日と同じ。

2018040608181975d.jpg
#sakurabianchiで写真とったり。
ツイッターであげてみたけどBianchiJapanからの反応無くグレそうになる。
2018-03-26-Mon

3/22~25

【3/22~23】
仕事。
帰りが遅かったので自転車は無し。
雨だったのでジテツウもできず。

【3/24】
朝ローラーしようと思ったものの、早起きできず。
この日は次女のお宮参りで朝からバタバタ。
写真撮ってお昼食べて神社行って…で、落ち着いたのは1530
1600からちょろっと自転車。
こっそりと部品を集めて組んでいたVXRSにて。

201803262303288d5.jpg
念願のラグドフレーム
細身&ホリゾンタルの美しさよ。

一時間くらいの短時間でしたが、魔法の絨毯みたいな乗り心地のよさ!
オルトレも十分に振動吸収するんだけど、VXRSはさらに上。
インプレ記事は他に腐るほど出ていると思うので、気になる方は
そちらを読んでください(何
感想文的なものは長距離乗ってから書く方向で。

【3/24】
朝練しようと思ったものの(以下略
午前中は1時間くらいローラー。
メニュー云々ではなく、店長に教わったことの復習。
片足ペダリングしたり軽い負荷でくるくるまわしたり。
一人でやってると恐ろしくつまらないw

1500位からオルトレで外練。
コースはいつもの海浜大通り。
アンクリングと左膝を意識しながらほどほどの強度で走る。
股関節で臀部の筋肉が使えているようで、膝回りの負担が少ない(ゼロではない
途中ルギアとったりSakuraBianchiしたりして40km弱乗る。
ペダリング見てもらってから明らかに使う筋肉が変わって負担も減っているので、
早く自分のものににしたいところ。

来週からは50km以上乗りたいな。
2018-03-21-Wed

フリーダムライディング講習塾

19-20とお休みをもらい用事を済ませる。
歯科、眼科で定期検診的なもの、内科で血液検査をお願いする。
親知らずがヤバイらしい(虫歯的な意味で)

20日の夜はフリーダムの講習会へ。
3月から始まったもので、マンツーマンで指導してもらう形式です。
詳しくはWebで。

自転車とローラーセット(ジャージ、シューズ、タオル、ドリンク)持参で。
結果的に全部使いました。

20時開始でまずはアップがわりにローラーをこぎこぎ。
使うのは店長愛用のジェットブラックのダイレクトマウントローラー。
少しからだが暖まってきたところで講習開始。
まずはまっすぐ踏んでいるかの確認…どうやら左の膝が内側に入っているらしい。
内腿の筋肉を意識して矯正するが、気を抜くと戻ってしまう。

次に、片足ペダリングと負荷高めの状態でのペダリング見てもらう。
見てもらったあとで絵を描きながら問題点を教えてもらう。

指摘されたのは二点で、
・アンクリングになっている。
・アンクリングが原因で踏みはじめが遅れている。
とのこと。
ペダリング自体は悪くはないらしい。
ポジションは低めの低めだけど、適正範囲で下手にあげない方がよいとのこと。
アンクリングになるのは腸腰筋と言う足の付け根の筋肉が弱いことに
起因するとの事で、当面は腸腰筋の強化とアンクリングの是正に勤めましょう
といったアドバイスをもらって今回は終了。
一時間の講習時間中、ほとんどローラーに乗っていたので疲労感もそこそこ。

ダメなポイントを図を交えながら説明してくれるし、なぜそうなるのかを
源流の筋肉に使い方、働きまでさかのぼってなぜなぜ形式で教えてくれるので、
ペダリングで悩んでいる方にはお勧めです。

昨年はやまめの教室を2回受けていてやまめとの比較をするとなると、
やまめは【踏まないペダリング】、今回の講習は【踏むペダリング】を
前提としているのですが、ペダリングの理論的なところは共通点が多いなと
感じました。
上半身含めたトータルの講座はやまめがお勧めですが、手軽にプロツアー選手に
マンツーマンで見てもらえると言う点ではフリーダムの講習がいいかなと言う感じです。
やまめは長野県だからね。。。

教わったことをどう生かしていくかは本人次第ですが、ペダリングの考え方としては
今回の講習の方がしっくり来ています。

もっとダメ出しされるのかなーと思ってたら、意外と誉められて焦りました(^_^;)
当面は指摘されたところを意識しながらのインターバル練ですかね。



HOME NEXT